スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育業界へのハードル

会社の研修もないし...と、髪の毛を切るのをサボり続けています。年末には切りたいなって思ってます。こんな始まり方で申し訳ないほど、更新もサボっていました。

今日は、このサボっていた半年間で、私生活の方がだいぶ充実していたので、そこらへんの思ったことをひたすら書いていこうと思います。

今年でとうとう参加して3年目、そんな母校と区役所が主催の地域活性化プロジェクトが無事1年の締めくくりを迎えました。

大学生の頃から、将来は公民館とかで働けたら楽しいだろうなあと思って、社会教育主事という資格を目指していました。その資格過程で出会ったのが、この単位にもなる活動。川崎のとある区を中心に、地域の小学生と大学生が、共に遊び学び成長するようなプロジェクトです。

最初はいろんなきっかけで関わるようになったこのプロジェクトも、今年で成立4年目、自分は2期生として社会人になった今も仕事の休みが取れた日は参加させてもらっています。

毎年何グループかに分かれ、子どもと大学生がテーマを決めて1年間取り組むのですが、今年は3期生までのいわゆる先輩枠がごそっと参加できなくなり、その代わり初めてだらけの1年生が例年以上に参加してくれたという良くも悪くもフレッシュな体制になったおかげで、今まで以上に悩んで困ってやりがいある1年になりました。

集大成の今日は、保護者の方もたくさん来ていただき、多くの感謝の言葉をいただけて、やっててよかったなあって思いました。

なんだ、この当たり障りのない感想は...

ただ一方で自分の課題も多く、このプロジェクトに深く携わるにつれ、自分の中に強く出てくるのは、

教育に向かない

のではないか。という思いです。

子どもたちと接していていつも毎年出る課題の一つとして、

大学生の子どもとの付き合い方

があります。

そりゃあもう毎年挙がるのですが、毎年答えが出ないんですよね。
子ども目線で一緒の高さで向き合うのがいい、子どもがカッコいいと思う先輩として向き合うのがいい...

そんなの答えなんてあるわけないじゃん!

が正直模範解答だと思います。

でも例えば学校でそんな感じだったら自分は嫌だなあって思うんですよ。
言葉では上手く表現できないですが、強いて言うなら、先生なんで?って聞かれて、答えられないから保留にしたり、適当に言ったりして欲しくない。みたいな感じですかね。

先生=子ども時代の自分にとっては模範

っていうイメージが強すぎて、どこかで自分なりでもいいから筋の通った、自分の信じた答えを貫き通してほしいんですよね。

自分にはまだその意識が持てない、ただ優柔不断なだけで終わる。そんな気持ちになってしまいます。

いろんな人から、教育系を勧められましたが、結局バイト止まりで、未だに教育系に進む決心が固まらぬまま、デザインという聞こえのいい道に進みかけているのが現状です。

今はとにかくやりたいと思ったことはやろう!と心に決めて、やっていますが、自分にとっての教育とはどういう形がベストなのか、このプロジェクトを通じて、来年以降も見つめていきたいですね。

スポンサーサイト

キラッキラのイケメンへの先入観

先日職場の先輩とBBQをしてきました。



その先輩は、自分が新入社員として配属された職場の先輩で、自分と違い、何かこう世間に紛れても

キラッキラ

としたものを持っていて、仕事をすればするほど憧れていったのですが、先日行ったロスで図らずも(実は図っていました)親睦を深めることができました。

キラッキラの先輩は、
仕事ができて、顔もよくて、優しくて、
強いて言うなら自分が敵うものなんて物理的なスケール感と高校時代に培った女子力くらいでした。

でも仕事ができて、顔もよくて、優しいなんて、

まずありえない。

んですよ。自分の人生の教科書的に。
だって、司法、立法、行政ですら、三権分立ですからね。
神は同じ人間に3つも権力を与えないはずなんですよ。
そのはずなんですよ。

めっちゃ優しい

めっちゃ気遣いできる

女子なら惚れる

まずキラッキラのイケメンは、

絶対に空気を壊さない

その場の空気はちゃんと読んだ上で、
気を遣ってくるんですよ。

お酒飲んでて、体育会系特有のアレが始まっても、弱者に矛先がいくと、さりげなく自分に矛先が来るようにし、無理しなくていいから。ってそっと告げるんですよ。

ここ、もてポイント

そしてキラッキラのイケメンは、

顔で判断しない

自分の悪い癖は、まず顔から入っちゃうんですね。イケメンなんてもっとそうだろうと思ってたら、

人類皆平等

なんですよ。キラッキラのイケメンはみんなに優しく接するんです。

このBBQで、学んだことは、
キラッキラのイケメンほど、

めっちゃいい人

先入観ってよくないです。全く。

ワンデイドライブ


以前記事にしましたが、今月末に仕事の都合でアメリカに行ってきます。
その際に、コストコの会員証が必要になるとのことだったので、今日友人の車に乗せてもらいコストコに行ってきました。

と、その前にお茶。笑
最近の若い人は何かとお茶したがります。

友人と3人でお邪魔した今回の町は、

仙川

最近流行りのオシャレタウンです。
ここに、恵比寿に本店を構える、
猿田彦珈琲というお店にお邪魔しました。



今回いただいたのは、コチラ。



スラットというメニュー。
最近流行りのジャーサラダを彷彿とさせる、ビンに詰まった食べ物です。

滑らかなマッシュポテトと半熟の卵は混ぜて食べると仕事の丁寧さを感じる美味しさが口いっぱいに広がります。

なめらか~

って感じです。



店名の通りコーヒーもとっても美味しい。
コーヒーがよく分からない私でも感じることができた、深い苦味とコクが後から押し寄せます。
何か分からないけど、

ん!コーヒーだ!ん?美味しい!

って感じで、2段階でやってきます。

さてさて、気を取り直して、
本題のコストコ。

正直写真は撮っておりませんが、

デカイ。

今さら何を...って話なんですけど、店舗のスケールも商品のスケールも生で見るとデカイ。

片手で持てない重さのピザや、抱き枕サイズのタコスチップ。
業務用サイズの洗剤や、何と家電まで。

本当に何でも揃うんじゃないかって感じです。

それはもうすごく楽しくて、会員費が4000円なのもうなずけましたが、1つだけ気に入らなかったのは、

接客がイマイチ。

会員証作る時、クレジットをつけるかオススメされましたが、悩んでやめます。って言った瞬間、一気に冷めた感じに。またホットドックを食べれるイートインスペースで、トッピングをする際、勘違いしていた自分に対して、ここに書いてありますよ。とボソッと。

別にこれに書く分には伝わらないとは思いますが、その一言にももう少し気を遣って欲しかったです。

ただとにかく安くて大きくて、シェアして使うのは本当にいいと思います。
卵が20個でいつもくらいの値段っていうのも素晴らしいですしね!



最後は近くの温泉に。

1日満喫できました。
夏休みもとうとう最終日。
明日も充実させてみせます!

routine work


留学のおかげで1年卒業がずれていた友人が、自分より1年遅れで配属が決まったそうです。
自分とは全く正反対の道を歩んでいる人を見ると、どんな景色が見えてるんだろうなあって思います。

憧れだった小売業で働いてみて感じたのは、自分だけじゃどうにもならない人員不足と想像以上にシステマチックに動く毎日という現実。

好きを仕事にしちゃいけない

ってよく言いますよね。
働いてみて分かりました。
自分の好きなことだから、もっとああしたい、こうしたいっていうアイデアが湧いてくる。

でも現実は
自分しかできない自分のやるべきことを後回しにして、今最優先な本来は他人がやるはずの仕事をやらなきゃいけない。

例えば
私がとあるお店のカバン売り場を担当しています。
ちょうど新作の発表のシーズンで注目を集める時期。
そんな時に接客担当だったアルバイトが急きょ辞めることに。
基本1人、ピーク時は3人は必要とされていた売り場に自分しか立てない日が物理的に出てきた。
ピーク時も1人で対応しなければならず、閉店するまで発注や計画は手をつけられない。
本来なら比較的空く時間帯をバイトに任せ、自分は事務作業に入るところ、売り場を空けるわけにもいかず、開店中はろくに日々のやるべきことができない。

こんなイメージです。

スーパーでお肉の部門が誰もいないから、当店では特別にお肉以外取り扱います。
なんて店があったらありえないんです。

1人のお客様と接客している時に、他のお客様に色違いないの?なんて聞かれても対応できないんですよね。

だからそれがすごくストレスになる。
人がいないからいいやって諦めなきゃいけない。けど、いればこうやってできるのに。このジレンマがすごくストレス。

好きだからこそ、それが物理的に達成できない時のどうしようもなさ。

自分で好きな場所を汚している感じ。

でもそれを全て自分のせいにはできなくて、

結局1番の敗因は、

人手不足のせいにしてしまうところ。

小売業=人手不足、人気ない

イメージのせいで、それを言い訳にしてしまう。

そんな毎日で、最近は悶々しています。笑

仕事への向き合い方の話


つい先日、会社の先輩と飲みに行きました。

その先輩は、社会人になって初めての先輩だったので、それはもう憧れてたのですが、その時言われてちょっと刺さったことがありました。

自分は何も頑張れてないのかもしれない

ちょっと話を変えると、前回の更新でも触れましたが、建築系の専門学校に通い始めました。
もともと建築とかデザインとかそういうものに漠然としたおシャンティさを感じ、ずーっと憧れてました。
でもきっとセンスないし、人より抜きん出てるものないし、って自分の可能性を潰されるのが怖くて諦めていました。

ただ社会人になって、いざ働いてみてやっぱりやりたいことはやっておこう!って...まあそこからはトントンと話を進め、今に至ってます。

ここまで聞く分には、よく一歩踏み出した!偉い!自分!みたいないい話なんですが、
ここで話を戻すと、
新しいことに挑戦して、そっちが楽しくて、今の仕事辞めたいなー。と常に頭の端に思って働いてたら、別に手なんて抜いてるつもりじゃないし、仕事は本気で向き合っていたつもりだったけど、その先輩に、

まあ、辞めるなら関係ないけどね。

って言われた訳ですよ。
もちろん自分人間そこまでできた人じゃないので、このセリフの前には様々なダメ出しがあった訳ですが、この言葉が1番グサッときてしまって...

自分はむしろ、どうせ辞めるかもしれないと頭の隅にあったことで、辛いこともそんなに苦にならずに乗り越えてきました。

何度も言いますが、別にそのせいで仕事をおろそかにした気もないし、自分への言い訳に使っていた訳でもないけれど、その言葉を聞いた途端に、

あ、自分周りから見たらアウトだったんだ

って気付かされたんです。
先輩がどんなニュアンスで言ったかは分からないけれど、結局自分のやりたいことっていうリスキーな逃げ道に逃げて、周りから見たら仕事してない人だったんだなって。

次の日から、早めに職場着いて、片付けられることはやって...っていつもよりちょっとでもいいから早く動こう、効率よくやろうって意識働かせながら、動いたんですよ。
今日で1週間経つんですけど、

全然パフォーマンス変わらない

そりゃそうですよ。
最初に念押した通り、私別に手抜いてた訳じゃないし、むしろこの会社で学べることは学び尽くそうっていうスタンスで結構真剣に考えながらやってたんですもん。

ただ、この瞬間出てきたのは

自分この程度なのかもしれない

っていう可能性。
最初書いた頑張れてないっていうのはちょっと違うかもしれないですが、でも今は何をしても自分が頑張れてないんじゃないかっていうスランプに陥ってます。

誰かに話したくて話したくてしょうがなかったこと。
ちょっとスッキリした気がします。

Profiel.

masasama0o0

Author:masasama0o0
憧れだった小売業界で働く社会人。

北欧が好き。
食べることも好き。

昔に比べてだいぶ素直になりました。笑

Count.
Category.
Month.
Article.
Comment.
Link.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。