スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scandinavia Trip -Off Shot @Sweden-


昨日に引き続きまして、今度はスウェーデンのストックホルム。
とうとう行ってきました。今回の旅のメイン!!
どうしても行きたくて行きたくてやっと行けたあこがれの場所。
ストックホルムのいいところは、ちょっと歩いただけで
近代的な地区、歴史を感じさせる地区、港町の地区と
3種類のスウェーデンを満喫できるところだと思います。
それでは今回もオフショット集どうぞ★


   滞在先@スウェーデン

今回お世話になったホテル。
ググってみたら多分日本で言うビジネスホテル。
きっとそう。いや、ゼッタイそう。

   ホテルの部屋が素敵

しかし中はこんなにもおシャンティなんです。
赤を基調としたお部屋はぬくもり溢れる感じ。
ただ向こうの暖房はなかなか謎で結局部屋があったかいと
感じることはなかったですwww

   中央駅

ここがストックホルムのセンター駅。
本当はホームの中に入るとあの有名な天井を
見ることができたのですが、残念ながら
自分の使う路線ではなかったために入れませんでした。

   本場のIKEA

ストックホルム1日目はIKEAに。
出発が夕方になってしまって、かなりギリギリでしたが
無事シャトルバスに乗り行けました。
アレですね。15分おきにバスが出るなんて
日本くらいなんですね。笑
でもさすが本場のIKEA。そりゃあもう大興奮でした。

   スウェーデンのポスト

スウェーデンのポストは黄色と水色のスウェーデンカラー。
たしか黄色が市内専用、青が市外(海外も含む)専用でした。
2つ並んでるとスウェーデンらしくてカワイイ。

   エストーっていう乗り物

エストーはデンマークでした。これはトラムですね。
要するに路面電車です。残念ながら私は利用しませんでした。
何だかんだ歩きの方が楽しかったので。
目的があるなら利用すると便利だと思います!!

   川まで凍る寒さ・・・

さて電車に乗ってストックホルムに向かう途中。
川が凍ってました。もうびっくり。
そんなに寒いんですね。うん。

   薬屋さんの看板までカワイイ。

APOTEK、おそらく薬屋さん。(ドイツ語でアポテーケが薬屋なのでw)
今のところ残念ながらスウェーデン語よりドイツ語の方が得意です。
いつかスウェーデン語喋れるようになりたいなって。
そんな思いをはせながらカワイイ看板パシャリ。

   水の都だけありますね。

水の都だけあって、すっごい素敵。
どこに行くにも橋を渡る。まるでヴェネチアやないか~!www

   ノスタルジック

橋ショットその2。素敵すぎます。
渡るのがもったいないくらい。、、、渡りましたけど。

   ガムラスタン周辺を散策

川にそって歩いてみます。
ちなみにここはガムラスタンと呼ばれる旧市街です。

   こういう路地に夢がつまってます。

北欧はこういう狭い路地がいっぱい。
デンマークでもそうでしたけど、こういう先に
素敵な雑貨屋さんとかがあります。


   ここはコペンハーゲンに似てます、

ガムラスタンのショッピングストリート。
いろんなお店があって楽しいです。最高です。
何時間でもいれます。ええ。

   ノーベル博物館

これが世界的に有名なノーベル博物館。
ノーベル賞はスウェーデンからスタートした賞なんですよ。
ここでは歴代のノーベル賞受賞者の記録が残されています。
ちなみに受付のカッコいいお兄さんは日本語が上手でしたwww

   シュルッセン

ここが港町。
ストックホルム中央駅からだと、ダイレクトに歩いて
30分かからないくらい。
渋谷から原宿と同じかそれよりちょっと遠いくらい。

   お気に入りのお店

そんなシュルッセンで行きたかったお店がこちら。
ORDNING&REDAという文房具屋さん。
(※↑クリックでオンラインショップに飛べますが、英語サイトです)
カラーバリエーションが豊富。そしてシンプルだけどハイセンス。
使い勝手も半端なくいい。物価が高いので、かなりお高いですが、
紙質もよくて書きやすい。
これからごひいきにさせていただこうと思いますwww
ちなみに日本にも代官山にありましたが、
去年閉店してしまったとのことです。残念、、、
もう一つおまけにお店の名前はスウェーデン語で整理整頓という意味です。

   無印まである!!!!

無印に関しては驚きました!!
しかも表記も日本語!!それもスウェーデンクローネ(スウェーデンの通貨)に
直されていない!!!!
日本円で買えるの!?って思いましたけど、
チャレンジできずwww
ちなみにスウェーデン語表記のものももちろんありました。
日本から輸入してる商品はきっとそのままなんでしょうね。

   H&M HOME

最近日本で話題のファストファッションブランドH&M。
もう知ってる方がほとんどだと思いますが、
H&Mはスウェーデンのブランドなんですよ。
そしてH&Mの本場スウェーデンには、ファッションだけでなく
インテリアも売ってるんです!!
これは北欧にしかないんですよ。限定です。
その名もH&M HOME。
そしてショッピングの仕方も変わってます。
カートの形をした板を手に取り、
そこに気に入った商品のマグネットを張る。
あとはレジにそれを持っていくだけ。
紙で商品番号とかを入力する必要もなし。
もちろん商品そのものをレジに持っていく必要もなし。
これ日本の家具屋さんでも採用するべきだと思う。

   カフェで一休みはデフォ

デンマーク同様、カフェで一休みは必須です。
ちなみに北欧のトイレは有料。ここも5クローネ。
ちなみにデンマーククローネとスウェーデンクローネはしっかり別物。
ただしスウェーデンも大体1クローネが15円くらいです。
トイレはだいたい5~10クローネなので、
高いとトイレに150円払わなきゃいけない。
ちなみに日本のトイレみたいにキレイではありません。
汚くはないですが、ハイセンス!!って感じはしません。
一緒に行った友達と、スウェーデンの人が
伊勢丹とかのトイレ入ったらきっと、
「こんなトイレをただで使えるのか!?」とか
「記念にいっぱいトイレ行こう!!」とか
言うんじゃないかね?って盛り上がりましたww
そんなカフェでの団らん。

   夜のストックホルム中心街はすごい素敵

ストックホルム中心地の夜は素敵です。
お店の明かりとデンマーク同様ワイヤーでつるされた
ランプで道が明るい!!
雪が降ってるので、気分的にはクリスマスです。
ちなみに50mごとにH&Mがあると言っても
過言ではないほどストックホルムにはH&Mが
いっぱいありました。



こんな感じでスウェーデンも1泊2日。
スウェーデンは正直1泊2日じゃ足りませんでした。
正確に言うと、見るべきところは見れましたけど、
あとあとホテルで復習したら、ここも行きたかったね。
ってお店がじゃんじゃんと。笑
本当にストックホルムの街は素敵でした。
お店も充実してるし、街並みも最高。
次はやっぱり夏に行きたいですね。
雪の降るストックホルムも素敵ですけど、
緑と水が映えるストックホルムも、、、

最後はフィンランドです。
フィンランドはツレが一押しの街です。
それではまた次の更新で!!!
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

Profiel.

masasama0o0

Author:masasama0o0
憧れだった小売業界で働く社会人。

北欧が好き。
食べることも好き。

昔に比べてだいぶ素直になりました。笑

Count.
Category.
Month.
Article.
Comment.
Link.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。