スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事への向き合い方の話


つい先日、会社の先輩と飲みに行きました。

その先輩は、社会人になって初めての先輩だったので、それはもう憧れてたのですが、その時言われてちょっと刺さったことがありました。

自分は何も頑張れてないのかもしれない

ちょっと話を変えると、前回の更新でも触れましたが、建築系の専門学校に通い始めました。
もともと建築とかデザインとかそういうものに漠然としたおシャンティさを感じ、ずーっと憧れてました。
でもきっとセンスないし、人より抜きん出てるものないし、って自分の可能性を潰されるのが怖くて諦めていました。

ただ社会人になって、いざ働いてみてやっぱりやりたいことはやっておこう!って...まあそこからはトントンと話を進め、今に至ってます。

ここまで聞く分には、よく一歩踏み出した!偉い!自分!みたいないい話なんですが、
ここで話を戻すと、
新しいことに挑戦して、そっちが楽しくて、今の仕事辞めたいなー。と常に頭の端に思って働いてたら、別に手なんて抜いてるつもりじゃないし、仕事は本気で向き合っていたつもりだったけど、その先輩に、

まあ、辞めるなら関係ないけどね。

って言われた訳ですよ。
もちろん自分人間そこまでできた人じゃないので、このセリフの前には様々なダメ出しがあった訳ですが、この言葉が1番グサッときてしまって...

自分はむしろ、どうせ辞めるかもしれないと頭の隅にあったことで、辛いこともそんなに苦にならずに乗り越えてきました。

何度も言いますが、別にそのせいで仕事をおろそかにした気もないし、自分への言い訳に使っていた訳でもないけれど、その言葉を聞いた途端に、

あ、自分周りから見たらアウトだったんだ

って気付かされたんです。
先輩がどんなニュアンスで言ったかは分からないけれど、結局自分のやりたいことっていうリスキーな逃げ道に逃げて、周りから見たら仕事してない人だったんだなって。

次の日から、早めに職場着いて、片付けられることはやって...っていつもよりちょっとでもいいから早く動こう、効率よくやろうって意識働かせながら、動いたんですよ。
今日で1週間経つんですけど、

全然パフォーマンス変わらない

そりゃそうですよ。
最初に念押した通り、私別に手抜いてた訳じゃないし、むしろこの会社で学べることは学び尽くそうっていうスタンスで結構真剣に考えながらやってたんですもん。

ただ、この瞬間出てきたのは

自分この程度なのかもしれない

っていう可能性。
最初書いた頑張れてないっていうのはちょっと違うかもしれないですが、でも今は何をしても自分が頑張れてないんじゃないかっていうスランプに陥ってます。

誰かに話したくて話したくてしょうがなかったこと。
ちょっとスッキリした気がします。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

Profiel.

masasama0o0

Author:masasama0o0
憧れだった小売業界で働く社会人。

北欧が好き。
食べることも好き。

昔に比べてだいぶ素直になりました。笑

Count.
Category.
Month.
Article.
Comment.
Link.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。