スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB的観点から見る米国のスーパーマーケット事情


先月末、仕事でロスに行ってきました。
アメリカはテロが起こるはるか前、ちょっとハワイに行ったっきりで、アメリカ大陸は初上陸でした。

4泊6日で、そのうち3日が視察、最終日はお楽しみオプションツアーということで、私はグランドキャニオンに行ってきました!

小売業なので、ショッピングモールや百貨店、アパレルなどいろんなとお店を視察してきましたが、中でも熱かったのが、



スーパーマーケット

スーパー大好き人間としては、大興奮。

今回解説兼添乗員として同行してくださった五十嵐さんという方の説明もすごく分かりやすくて、この人もきっとスーパー好きなんだろうなって感じでした。

特に印象に残っているスーパーが

ホールフーズマーケットスプラウツファーマーズマーケット

どちらも最近よく聞くオーガニックを売りにしたスーパーなのですが、

五十嵐さん曰く、

あっちゃんとさしこ

らしく、前者のホールフーズは、いわゆるちょっとお高くとまった日本でいうクイーンズ伊勢丹みたいな感じなんです。
一方後者のスプラウツは、オーガニックな生活したいなあって方向きの、ちょっとリーズナブルな低価格オーガニックを提供するスーパーなんです。

最近のアメリカのスーパーの傾向は、大型化から地域密着型へと移行しつつあり、地域色を出した小型店(それでも日本よりだいぶ大きい)を増やしているそうです。

そんな点も、AKBに通じるものがあるらしく、ホールフーズは不動のセンターあっちゃん、スプラウツはちょっと手が届きそうなさしこ、ってところらしいです。

これが意外としっくりくる。

あ、この人慣れてるな。って思いました。笑

そんな中、私イチオシのスーパーが、



ここ、レイジーエイカーズ。

オーガニック&ナチュラルを謳っている点は他のスーパーと同じなのですが、スプラウツのように少し価格は抑えて...という位置づけ。

特にここは、お総菜などの即食系が充実していて、他店にはない取り組みも行われています。

気になったのはこちら。



このオレンジジュース、お店入ってすぐのところにマシーンが置いてあって、店内のオーガニックオレンジをその場で絞ってくれるんです!

まさに搾りたて!



これは、店内で作っている無添加のアイス。
ちなみにこのイチゴクリームのアイスは、ロッテのアイス開発チームがアメリカに視察に来た時に大絶賛したそうで、もしかしたら日本での発売も近いかもしれません。笑



熟してしまったフルーツはカットして販売。



店内のカラーコントロールもすごく映えています。

ちなみに、ホールフーズは日本でもエコバッグを結構見かけるので、認知度が高いんでしょうか。
ただ、さすがクイーンズ伊勢丹。店内のキメるところキメてる感はすごいです。



視察風景、ホールフーズの営業企画担当の方が説明して下さいました。
カラーコントロールが効いてます。



このホールトレードは、いわゆるフェアトレードの証で、ちゃんとした取引によってここに並んでいますよ。っていう証拠。



このBest!のマークは、環境指標で、生産者が責任を持って農産物を作れるように、そしてそれがお客様に伝わるように独自に行っている取り組みです。
環境への配慮の指数を示しています。Best、better、という風に3段階に分かれているそうです。



商品の陳列も芸術的です。



お総菜も充実していて、サラダや簡単なお惣菜は、自分でセルフでとり、ちょっと手の込んだ惣菜は対面販売になっています。

この日のお昼ご飯は、最近流行っているキヌアをトッピングしたオーガニックなサラダと、焼いてくれたマルゲリータ。

自分の好きな量食べれて、逆にデカ盛でしか売られていないせいで、たくさん食べてしまうアメリカ人にとってはダイエットに最適なんだそう。
日本と違って半分残す。とかそういう考えないみたいです。
そりゃあ抱き枕みたいなポテチとか売ってて、それ残す概念なかったら、グラム売りはダイエット向きですよね。笑



ここは、オーガニックに特にこだわる訳ではなく、地域密着型、自社ブランドを大切にしているトレーダージョーというスーパー。
POPが手書きでとても可愛いです。



この会社は、各店舗にデザイナー採用枠があり、地元で無名のデザイナーなどを積極的に雇用し、専属デザイナーとして店舗のデザイン担当を担うそうです。
店内のPOPや、内装など、このデザイナーさんが手がけているそうですよ。



ココナッツオイルをお土産で買いました。
これで私もミランダカーになれると信じて。
ちなみに左がスプラウツ、右がトレーダージョーのものです。どちらも自社ブランド。

アメリカのスーパーはどこもとってもワクワクする空間が広がっていました!
日本のスーパーもこうなるといいな。笑

という訳で、スーパー特集は終わり。
アメリカ視察ツアー、次の記事で番外編を書こうと思います。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

Profiel.

masasama0o0

Author:masasama0o0
憧れだった小売業界で働く社会人。

北欧が好き。
食べることも好き。

昔に比べてだいぶ素直になりました。笑

Count.
Category.
Month.
Article.
Comment.
Link.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。