スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係とは何ぞや


今日は大学の健康診断だったわけで、
とにかく緊張したのは体重測定ですね。

いやあ去年より10キロ痩せてましたよ!
奇跡ですね!

奇跡・オブ・ザ・イヤーですね。

まあ2か月ぶりに友人に会った訳で
話がとてつもなく弾みました。
おそらく6時間以上話していましたね。
まさかお昼ご飯、おやつ、夜ご飯を共に過ごしましたw

人と話すって大切です。
自分が一番大切にしていることでもあります。

よかったら続きをご覧ください。

今日友人と話したのは

友達の優先順位について

でしたw
それを話すにはまず私の人間関係論を話す必要があります。

私はですね。
単刀直入に人を4段階に分けています。

知り合い、仲間、友達、親友です。

これはようするにその人との親密度によるものなんですが、

知り合いとは自分が知っていれば基本OKです。
まあ向こうも知っているって条件の方がピッタリなんですが
ここらへんのランクの人はどうでもいいので、
基本自分が相手の存在を知ってしまえば、知り合いですw

そして仲間は、仕事上などやむを得ず関係を持ってしまった人のことです。
これは悪い意味でも、いい意味でもですね。
たとえば、クラスの人や部活の人、バイトの人などですね。
あいさつやおしゃべりもしますし、クラス会や飲み会もあれば参加します。
ただ、その境遇に置かれているせいで関係を持たざるを得ないだけで
いい意味でも、悪い意味でも、その境遇から抜ける機会があれば
関係が終わってしまう人は仲間ですね。
ここは1番幅が広いですw

さらに友達は、自分が好意を持っていて、相手もそれを認めてくれている場合ですね。
置かれている境遇が違っても会いたいと思えるような人ですね。
お互いがプライベートで何回か会っていることが条件になります。
仕事での飲み会は、仕事という関係によって成り立ってますよね?
そうではなくて、ただとりあえず会いたいとかそういう感じです。

最後に親友ですが、これに関しては友達の最高ランクですね。
友達の中でも、かなり長い期間(これは自分の判断によりますが)関係が続いていたり、
ふと考えてみると支えられてるのに気付けたり、
自分にもってないモノを持ってるなって気づいた時は親友になります。
まあただこの関係になるには相当時間がかかりますし、
今はまだいません。


ここで重要なのは、
あくまでもこれは人間関係として自分なりに順位をつけたものですので、
相手に職業がある場合は、このランクではなくそちらが優先されます。

例えば、学校の先生なら、「先生」(もし無理矢理位置づけるなら、仲間ですね)
テレビとかに出てるのは知り合いではなく「芸能人」や「アナウンサー」など
ちゃんと職業で呼びます。

以上が私の個人的な人間関係論になります。

そこで今日の話に戻るんですけれども、
友達の優先順位についてです。
ここでこの個人的な人間関係論を用いてしまうと分かりづらくなってしまうので
一般的に指す友達という言葉を利用させてもらいます。

友達にも集団と個人がありますよね。
例えば私が個人で友達に約束をした時と
サークルのような集団に何か誘われた時では
優先順位が異なります。

私が思うに友達との関係を築くためには
ある程度の「拘束力」と言いましょうか、
そういうやむを得ない感が必要だと思うんですね。

集団の場合はそれがあると思うんですね。
例えば仕事での飲み会に参加しなければ
ノリの悪いヤツと思われてしまうかもしれない。
と一般的には考えるので、みなさんそちらを優先させます。
またサークルみたいに自分から進んで所属している団体から
何か誘われた時は、面白そうと感じると思います。
出来れば参加したいなどみなさんは思うでしょう。
日本人の性格かどうかは分かりませんが、
日本人は空気を読む傾向にあります。
集団の場合は、その空気や空間、人間関係を保ちたいと思うので
出来るだけそちらを優先させます。

では個人ではどうでしょう。
個人であれば、その場の約束を断ったところで
また違う機会で遊べばいいだけで、
あまり空気や人間関係を気にして断る人はいないと思います。

そうなんです。
個人って圧倒的に勝ち目がないんです。
メールとかしても、今返さなくても
友達なんだから分かってくれるだろう。
また今度謝ればいい。と考えてしまうわけです。

人間の心理って不思議です。
出来るだけ自分への被害が少ない方を優先したがるんですね。
まあ当たり前といえば当たり前ですけどね。

つまり人とそれなりの関係を築くためには
その人との接点となる集団に所属しなければ
深い関係を築くのは難しいと思うのです。

人とのつながりは大切にしたいものですが
考えれば考えるほど難しいです。
卒業論文書けそうですねw

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

Profiel.

masasama0o0

Author:masasama0o0
憧れだった小売業界で働く社会人。

北欧が好き。
食べることも好き。

昔に比べてだいぶ素直になりました。笑

Count.
Category.
Month.
Article.
Comment.
Link.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。